不動産を売却する時の手順について

媒介契約を結んだ会社におまかせ

所有している不動産を売却したい | 媒介契約を結んだ会社におまかせ | 会社側がスムーズに段取りをしてくれる

住宅の売却だったのですが、内覧希望者が出てきたらすぐ連絡をくれて、内覧日取りを伝えられて都合合わせをします。
内覧は、会社の担当者も必ず来てくれるので心配はありません。
もし、そこで購入すると決まれば、会社の方から、申込み用紙の控えと電話連絡を貰います。
諸条件も書かれている事がありますが、条件がのむ事が出来れば契約へとなります、契約時は買い手から手付金という購入価格の一部が支払われて、一旦預かるといようなお金が渡されます。
そして、不動産についての説明と契約条項等を取り交わして各自署名と捺印します。
受け渡すまでは最低でも1ヶ月は猶予があると思われます。
そして、その間に抵当権が設定されていれば、抹消にうちて銀行へ聞きに行ったりしなければいけません。
あと、受渡し時に必要となる書類も探しておく。
依頼する時に、建物に関する書類や権利証などがあるか否か確認されました。
権利証や建築確認の通知書は必要であるようで、査定時などになくても募集している最中でも探して受渡し時までに見つけておけば大丈夫との事でした。