不動産を売却する時の手順について

所有している不動産を売却したい

所有している不動産を売却したいと思った時、普通はどこに頼めばいいのかはよくわからないものです。
不動産会社というのはわかっても、どこの不動産会社に依頼すればいいのか、なにが必要なのか、どんな段取りなのか、一般ではわからない事が多すぎて不安もあります。
経験上の手順では、まずは、売却しようとしている不動産の近くにある会社への依頼がスムーズでした。
近いと面倒もアフターケアもしやすいと思います。
そしてこちらとしても地元であれば安心という点もあります。
まずは会社へ査定といった感じで依頼し、おおよその価格を教えて貰う事から始まり、その金額で納得できれば、買い手の募集をしてもらうのですが、もし、価格が希望ではないのであれば、多少相談してみると説明と回答をいただけます。
基本的には売る側が価格を最終決定するのですが、相場などもあるようで、あまり破格だと売れるものも売れなくなるとの事でした。
そして、会社とは媒介契約というものを結び、そんなに堅苦しい契約というものではなく、一般と専任と専属専任という種類があり、要はその会社だけに依頼するのか、他の会社にも更に依頼するのかの決め事のようなもので、そこには、契約に至った際の会社への報酬額等が書かれていて署名と捺印で終了です。
その後は、会社側で買い手を募集してもらうのですが、ネットへの掲載や看板の取り付け、チラシの配布等色々種類があり、依頼した会社は全て無料でやってくれました。
もちろん査定も無料でした。

不動産会社に買い取りして貰いマイホームの売却が出来ました

ローン払いが困難になったことで不動産会社に買い取りして貰って売却をしたことがあります。売却した理由はローンの支払いが困難になったためですが、そのままにしておけば競売になるかもしれないなどの不安もありましたし、任意売却は安値に叩かれてしまいそうでしたので早めに着手しました。最初は仲介業者に依頼をして販売活動を続けていたのですが、中々反響もなくこのままではまずいと感じていたのです。

契約期間が切れそうになった時、契約を更新するか否かを尋ねられたのですが、このままでは売れないと感じお断りをして、今度は直接物件を買い取りして貰える不動産会社を探し始めました。不動産会社に直接売却をすることは仲介手数料の支払いもないわけですから、負担も少なくなるのではないかとも思いましたし、会社を見つけて契約を結べばすぐに売れる安心感もありました。

幾つかの不動産会社に見積もりを依頼して、その中でも親身になってくれる担当者がいる不動産会社に売却を依頼することにしました。最初に売却活動を行っていた時の販売価格と比べると安くなりましたが仲介手数料のことを考えると同等であり、短期間で売ることが出来たなどからも安心出来る会社でした。

所有している不動産を売却したい | 媒介契約を結んだ会社におまかせ | 会社側がスムーズに段取りをしてくれる

マンション売却における、人気の沿線とは? 〜田園都市線編〜 | [子育て世代脱賃貸おすすめ物件|鳥取市 中古住宅・売り家] - 不動産売買仲介Pro・エステートセンター